おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

圧着端子の種類

圧着端子の種類について。

 

〇圧着スリーブ

〇Eスリーブ

  • 銅線用裸圧着スリーブE形(リングスリーブ)
  • 屋内配線工事全般に使用
  • 電気工事で最も使用頻度が高い圧着端子
  • Eスリーブの最大使用電流は以下のとおり
    ・小:20A
    ・中:30A
    ・大:30A
  • 大スリーブはほとんど出番なし
  •  

 

〇Pスリーブ

  • 銅線用裸圧着スリーブP形
  • ケーブル同士の接続に使用
  • 重ね合わせ接続のみ可能
  • より線用のリングスリーブ的な立ち位置?
  • Pスリーブの最小使用電流は31A
  • 合計値が合えば別サイズの電線同士でも接続可能
    ・例:P38 → 14sq+22sq=36sq(38sq以下なのでセーフ)
  •  

 

〇Bスリーブ

  • 銅線用裸圧着スリーブB形
  • ケーブル同士の接続に使用
  • 突き合わせの接続のみ可能
  • 同サイズの電線同士しか接続できない
    ・例:B14 → 14sq*2
  • 圧着回数は右中央と左中央で計2回
  •  

 

 

〇圧着端子

〇R端子

  • 銅線用裸圧着端子丸形(R形)
  • 0.3~325sqまで
  • ブレーカ・端子台・機器配線接続などに使用
  • 絶縁被覆付きあり
  •  

 

〇Y端子

  • 銅線用裸圧着端子先開形(Y形)
  • 0.3~14sqまで
  • リレー・端子台・弱電・計装などに使用
  • 絶縁被覆付きあり
  •  

 

〇棒端子

  • 銅線用裸圧着端子棒形(TC形)
  • より線を単線にして器具に接続するときに使用
  • 絶縁被覆付きあり
  •  

 

 

〇その他

〇閉端端子

  • 絶縁被覆付閉端接続子(CE形)
  • 弱電工事では必須の圧着端子
  • スピーカー・電話・信号線・感知器などに使用
  • 電線ではなくコード専用?
  • 端子自体に定格電流あり
    ・CE1: 7A以下(電線抱合範囲:0.5~1.75㎟)
    ・CE2:12A以下(電線抱合範囲:1.0~3.0㎟)
    ・CE5:17A以下(電線抱合範囲:2.5~6.0㎟)
    ・CE8:23A以下(電線抱合範囲:4.0~9.0㎟)
    ※接続コードの合計値が電線抱合範囲に収まるように端子を選ぶ
  •  

 

〇差込型ピン端子(PC形・PCE形)

  • 2つの形がある
    ・M形:オス
    ・F形:メス
  • 家具工事・いったんケーブルを離線して繋ぎたいときに使用
  •  

 

〇Tコネクタ

  • 分岐接続用の端子
  • 幹線工事・接地工事・分岐接続などに使用
  • 形がCっぽいので「C形」と呼んでいる人もいる
    ・Cコネクタは別に存在するので「C形」と言われた際には注意
  •  

 

 

〇補足
  • ブレーカなどでR端子が引っかかって使えない場合は裸圧着端子CB形を使う。
  •  

 

 

 

〇知識のパクリ元 ↓

https://www.youtube.com/watch?v=VhIOww-Rgac

 

はんだ付けの際の注意点

〇こて先のメンテナンスについて

  • 使用後はこて先をはんだで覆う。
  • こて先をサンドペーパー等で磨いてはいけない。

 

 

〇煙について

有害なので吸ってはいけない。換気しながら作業を行うべき。

 

 

〇はんだ付けの手順

 ①まずはんだ付けしたい金属部分をこてで熱する(1~3秒)。
   ↓
 ②熱した金属部分とはんだごての間にはんだ線を入れて溶かす。
   ↓
 ③ある程度の量のはんだ線が溶けたらはんだ線を離す(1~2秒)。
   ↓
 ④溶けたはんだ線が十分に広がるまでこてをキープする(1~2秒)。
   ↓
 ⑤十分に広がったタイミングでこてをパッと金属部分から離す。

 

 

〇その他

  • はんだごては利き手で持つ。鉛筆と同じような感じで持つ。
  • 電線をはんだごてで「5秒」以上連続して熱すると絶縁物の破損につながるのでNG。
  • 対象物を事前に熱さずにはんだ線を溶かすとはんだ線がうまく対象物にくっついてくれなくなって困る。
  • こて先は消耗品。連続使用をすると熱で劣化しやすい。
  • 電工で使うのは60W用?

 

クランプ形電流計の使い方

クランプ形電流計の使い方について。

 

 

〇前提

クランプ形電流計は絶縁抵抗が測定できない場合に使う計測器。

  • 1本はさむ     → 負荷電流の計測
  • 全本はさむ   → 漏れ電流(零相電流)の計測
  • 接地線をはさむ → 漏れ電流の計測


漏れ電流は1mA以下が正常値。

漏れ電流 ≒「行きの電流」と「戻りの電流」の電流差 ≒ 地絡電流

 


〇負荷電流の測り方

 ①ブレーカONで負荷のスイッチONの状態を作る。
   ↓
 ②計測したい回路のうちの電線の1本をはさむ。
   ↓
 ③計測する。

 

 

〇漏れ電流(零相電流)の測り方

 ①ブレーカONで負荷のスイッチOFFの状態を作る。
   ↓
 ②電流計のレンジを20mAに合わせる。
   ↓
 ③計測したい回路の電線をぜんぶはさむ。
   ↓
 ④計測する。
   ↓
 ⑤負荷のスイッチをONにする。
   ↓
 ⑥②と同じ電線をはさむ。
   ↓
 ⑦計測する。
   ↓
 ⑧③の値と⑦の値が共に1mAを超えていなければ正常。

 

 

〇漏れ電流(接地線)の測り方

 ①ブレーカONで負荷のスイッチOFFの状態を作る。
   ↓
 ②電流計のレンジを20mAに合わせる。
   ↓
 ③接地線をはさむ。
   ↓
 ④計測する。
   ↓
 ⑤負荷のスイッチをONにする。
   ↓
 ⑥接地線をはさむ。
   ↓
 ⑦計測する。
   ↓
 ⑧③の値と⑦の値が共に1mAを超えていなければ正常。

 

 

※漏れ電流の計測は負荷のスイッチ状況がONでもOFFでもどっちでも1回だけの計測でいい?

 

接地抵抗計の使い方

接地抵抗計(アーステスタ)の使い方について。

 

 

〇接地工事の種類

A種接地
 ・接地抵抗:10Ω以下
 ・接地線 :2.6mm以上
 ・高圧用または特別高圧用の機器の鉄台および金属製外箱

B種接地
 ・接地抵抗:計算値(※1)
 ・接地線 :4mm以上
 ・高圧または特別高圧の電路と低圧電路とを結合する変圧器の低圧側の中性点

C種接地
 ・接地抵抗:10Ω以下(※2)
 ・接地線 :1.6mm以上
 ・使用電圧300V超の低圧用機器の鉄台および金属製外箱

D種接地
 ・接地抵抗:100Ω以下(※2)
 ・接地線 :1.6mm以上
 ・使用電圧300V以下の低圧用機器の鉄台および金属製外箱(※3)

 

※1変圧器の高圧側または特別高圧側の電路の1線地絡電流アンペア数で150を除した値に等しいΩ数以下。

※2低圧電路において定格感度電流100mA以下で動作時間0.5秒以内の漏電遮断器を施設する場合は抵抗値500Ω以下。

※3直流電路および150V以下の交流電路への施設であり乾燥した場所であれば接地工事は除外してもOK。

 

 

〇接地抵抗の測定方法

〇精密測定(三極法)
 ・E端子:接地極につなぐ
 ・P端子:E端子の直線状に10m離して補助接地極を打ってそこにつなぐ
 ・C端子:E・P端子から直線状に10m離して補助接地極を打ってそこにつなぐ


〇簡易測定(二極法)
 ・E端子  :接地線のつながっている端子またはコンセントの接地極か接地端子につなぐ
 ・PC端子:接地線のつながっているコンセントの非接地側の刃受けに差し込む

 

※コンクリート上で計測する場合は補助接地極に水をかける必要あり。

アスファルト上では接地抵抗を計測することはできない。

 


〇絶縁抵抗計の使い方

BATT.CHECK(バッテリーチェック)
 ・接地抵抗を測る前にこのレンジでバッテリー残量を確認する。

EARTH VOLTAGE(接地電圧)
 ・接地抵抗を測る前にこのレンジで指示値が?V以下であることを確認する
  ※?の値は抵抗計の仕様書を確認のこと

1Ωレンジ
 ・10Ωでも計測できなかったときに使用するレンジ

10Ωレンジ
 ・100Ωで計測できなかったときに使用するレンジ

100Vレンジ
 ・最初に使用するレンジ

 

 

〇精密測定(三極法)の実際の手順

 ①接地棒にE端子をつなぐ
   ↓
 ②E端子と接地抵抗計をつなぐ
   ↓
 ③直線状10m地点20m地点に補助接地極を打ち込む
   ↓
 ④近いほうの補助接地極からP端子とC端子をつなぐ
   ↓
 ⑤P端子とC端子を接地抵抗計につなぐ
   ↓
 ⑥レンジをBATTに合わせてテスト(バッテリー残量確認)
   ↓
 ⑦レンジをEARTHに合わせてテスト(接地電圧が適正値かの確認)
   ↓
 ⑧レンジを100Ωに合わせてテスト(針が振れなければ下のレンジに切り替えて再テスト)
   ↓
 ⑨計測した値をメモる

 

 

〇簡易測定(二極法)の実際の手順

 ①E端子とPC端子を接地抵抗計につなぐ
   ↓
 ②PC端子を接地線のつながったコンセントの非接地側の刃受けに差し込む(検電器で確認のこと)
   ↓
 ③E端子を接地線の接続された端子またはコンセントの接地極または接地端子につなぐ(B種接地の中性線につなぐ)
   ↓
 ④レンジをBATTに合わせてテスト(バッテリー残量確認)
   ↓
 ⑤レンジをEARTHに合わせてテスト(接地電圧が適正値かの確認)
   ↓
 ⑥レンジを100Ωに合わせてテスト(針が振れなければ下のレンジに切り替えて再テスト)
   ↓
 ⑦計測した値をメモる

 

 

〇知識のパクリ元 ↓

https://www.youtube.com/watch?v=PVNksKZP0Ws

 

車の進路変更の手順

自動車での進路変更の手順について。

 

 ①ルームミラーで後方の安全確認(アクセル離す)
   ↓
 ②進行方向へウィンカーを出す
   ↓
 ③進行方向側のドアミラーで後側方の安全を確認(アクセル離す)
   ↓
 ④進行方向側を目視して側方の安全を確認(アクセル離す)
   ↓
 ⑤ハンドルをゆっくり切る

 

 

※運転に自信がある人はべつにアクセルから足離さんでもいいんじゃない?しらんけど。