おえぷろべい

お絵かきとかプログラミングとか米国株投資についてのなんやかんや

数学

平面図について

平面図について 〇扇形の弧と面積 扇形とは円の中心点から180度未満の直線2線をとってピザのようにカットした図形のことです。 この扇形の円の部分を弧と呼びます。 円周 =(半径*2)*3.14円の面積=半径*半径*3.14 弧の長さ =円周*(中心角/360)扇形の面積=…

二次関数について

二次関数について 二次関数とは、次数が2の多項式によってあらわされる関数のことです。 二次関数の問題で「yはxの2乗に比例する」という条件が記載されている場合は、y=ax^2という等式が成り立ちます。 問①:yはx^2に比例しx=3のときにy=-18となる。このと…

二次方程式について

二次方程式について 二次方程式について。 二次方程式とは次数が2の方程式のことです。 もうちょっと噛み砕いて言うと、二次方程式とはxやyといった文字が2つ含まれる方程式のことです。 〇平方根で解く二次方程式 二次方程式の問題を解くには平方根の概念を…

因数分解について

因数分解について 因数分解について。 因数分解とは、展開された値から共通因数を外して展開前の状態に戻す作業のことです。 a(b+c) -> 展開 -> ab+acab+ac -> 因数分解 -> a(b+c) 例①:5ab-2ac = a(5b-2c)例②:3xy+x = x(3y+1)例③:6x^2y-14xy^2 = 2xy(3x-7…

平方根について

平方根について 平方根とは、2乗すると目的の値になる数のことです。 たとえば、平方根とは以下のような感じのものとなっています。 1の平方根 -> 1または-12の平方根 -> √2または√-23の平方根 -> √3または√-34の平方根 -> 2または-25の平方根 -> √5または√-…

一次関数について

1次関数について 1次関数とは、y=ax+b で表されるグラフのことです。 1次関数の式におけるaは傾きであり、bは切片です。 なので y=ax で表される比例のグラフはy=ax+0とも表すことができるので、比例のグラフは切片が0の1次関数だと言うこともできます。 〇1…

連立方程式について

連立方程式の解法について 〇連立方程式とは 連立方程式は、2つ以上の方程式を組み合わせたものです。 〇加減法とは 加減法は、連立方程式を解くための解法のひとつです。 例①:5x+4y=7と3x+4y=1の場合 5x+4y=7+3x+4y=12x=6 -> x=35*3+4y=7 -> 15-7=-4y -> 8…

比例と反比例について

比例と反比例について 中学校で習うレベルの数学である比例と反比例についてです。 〇座標 座標とは、ある点の位置を数で表したもののことです。 〇x軸x軸とは、座標の横線のことです。 x軸では原点から右にいくと+の値になります。 逆に原点から左にいくと…

方程式について

方程式について 方程式について。 方程式とは、式中の文字に代入する値によって成り立ったり成り立たなかったりする等式のことです。 例:5x-7=8 -> xに5を代入 -> 18=8 -> 等式が成り立たない例:5x-7=8 -> xに3を代入 -> 15=15 -> 等式が成り立つ 〇等号 …

多項式の計算について(文字式)

多項式の計算について 多項式の計算について。 〇乗算 3(2x-5y) = 3(2x)-3(5y) = 6x-15y 〇分配法則 分配法則とは、式中のパレンティス(丸括弧)の外の数字を中の項にそれぞれ掛けることです。 例:(a^2-2a+3)*(-5) = -5(a^2)-5(-2a)-5(3) =-5a^2+10a-15 〇…

単項式の四則演算について(中学数学)

単項式の加算と減算と乗算と除算について 単項式の四則演算について。 〇加算 2a+3a = a+a+a+a+a = 5a 〇減算 5x^2-3x^2 = 5x^2-x^2-x^2-x^2 = 2x^2r 〇乗算 7x^2*(-3xy) = -21*x*x*x*y = -21x^3y 〇除算 12x^2y/(-18xy^2) = (2x*x*y)/(-3x*y*y) = -(2x/3y) …

文字式のルールについて

文字式のルールについて。 文字式のルールについて。 〇乗算のルールについて 文字式では×の記号は省略する。 例:A×B → AB 文字式の乗算では原則としてアルファベット順に書く。 例:C×B×A →ABC 数と文字が混ざった乗算では数を先に書く。 例:A×3 → 3A 同…

数と不等号について(正の数負の数)

小~中学校レベルの内容。 数と不等号について。 〇整数 整数とは、0または、0から+1または-1を繰り返して得られる数のことです。 正数および負数は整数に含まれます。 少数や分数は整数ではありません。 〇少数 少数とは、小数点を用いて表す数のことです。…