とぎぷろべい

包丁研ぎとプログラミングと米国株投資についてのなんやかんや

お絵かきをしよう_その20

まともなクオリティーの絵が描けるようになるまで「毎日1枚は模写トレースをして練習するぞ」、というコンセプトでやっております。

あまりにも絵が下手くそで描くのが苦痛になってきたので、第6回からは模写ではなくトレースに練習方法を切り替えています。

下手くそがやみくもに模写したって上手くならねえんだよ!(心の叫び)

 

f:id:feci:20210530221939j:plain

つよそう。

 

今回はカプコン社のストリートファイターシリーズのまことさんのイラストをトレースしてみました。

髪の毛のつむじの部分の黒塗りは完全にミスってますね。あと襟の一部分の線もなぞり忘れてますね。これは悲しい。でも足のパーツに関しては、今回はある程度はうまく線をなぞれたような気がします。いい出来ですね。

 

これは顔のパーツで顕著だと思ったのですが、薄い線で陰影に関係する線をなぞっておくと、色を塗らなくても明らかに元絵の印象に近づく感じがありますね。

前回のリュウのように陰影の線をぜんぶ排除してしまうと、ものすごくクオリティーの低い作品になってしまうことが分かっています。

 

膝や顔など、たとえ陰影の部分に色を塗らなくても、線の部分だけはうっすらとなぞったほうが、明らかに全体としてのクオリティーが上がることがよく分かりました。

うん。これはいい教訓。

 

 

◆ 今回みえた課題

① 陰影の線をもっと元絵に似せよう。

② 縦線のクオリティーをもうちょっとだけ上げたい。

 

以上です。おわり。