フェーチさんのブログ

個人的な記録です。読む価値ないよ。

PHPのお勉強をしよう_その24

半年前にUdemyで買ってからずっと途中放棄していたPHPの学習講座を「とりあえずぜんぶ見て消化しよう」、というコンセプトでやっております。

できるだけ、1日1動画は消化していきたいと考えております(早く終わらせたい)

個人的にはもうPHPのスキルを身につける必要性も動機もまったくありませんが、もったいない精神をフルに発揮して、なんとか最後まで講座を視聴してきたいと考えております。

 

f:id:feci:20210423190559j:plain

セールスが心の底から苦手です。

 

第24回目である今回は、SQL構文を使ってデータベース内の値を書き換えてみよう。または削除してみよう、という試みです。なるほど。

 

今回も使うのはphpMyAdminです。

前々回つくった新しいデータベースを選択して、左上のSQLボタンを押して、そこのフォームに ↓ のコードを打ち込んでいきます。

 

UPDATE my_items SET price=180 WHERE id=1;

こっちが値を書き換えるコード(A)

 

DELETE FROM my_items WHERE id=1;

こっちが値を削除するコード(B)

 

 Aのほうのコードは、既存のmy_itemsという名前のテーブル内のpriceという名前のカラム内の値を180に書き換えるという命令です。

ただこのままだとすべてのprice内の値を180に一括で書き換えてしまうので、WHEREを使ってidが1のpriceだけを指定しています。

 

Bのコードは既存のmy_itemsというテーブル内のカラムの値を削除するという命令です。ただ、これもWHEREで特定のカラムを指定してやらないとすべての値を削除してしまいます。

なのでここでは、idが1のレベル内にあるすべてのカラム内の値を削除するように指定しています。

 

 今回使ったSQL構文はこの2つです。

はい。そんな感じです。

 

 

◆ 今回の講座から学んだこと

① UPDATEで既存のテーブル内に任意の値を追加することができる。

② DELETE FROMで既存のテーブル内の値を削除することができる。

 

 以上です。おわり。