とぎぷろべい

包丁研ぎとプログラミングと米国株投資についてのなんやかんや

お絵かきをしよう_その35

まともなクオリティーの絵が描けるようになるまで「毎日1枚は模写をして練習するぞ」、というコンセプトで今までやってきました。

そういう意味では、このプロジェクトは前回が最終回となります。

はい、そうですね。プロジェクトの打ち切りです。

 

f:id:feci:20210614162822j:plain

2日かけた模写よりも圧倒的にうまい(約20分)

 

もうね。自力で絵を描くのも模写も無理ですわ。

絵を描く企画も今回でもう35回目ですよ。それなのに、いまだになめらかな直線すらかけない状況です。

 

いったい自分は何をやっているんでしょうかね。

もういいです。絵なんか描けなくていい。もう上手い人のトレースで十分です。

まあ、そのトレースですら、↑ の絵みたいに満足にできてないんですけどね。ほんと、バッカじゃなかろか(呆れ)

 

まあ、絵の上手い先生方に言わせれば、絵のスキルは才能ではなく努力ですべてが決まるらしいです。

これと同じ理論、起業やセールスやマーケティング、投資なんかでも何回も聞いてきました。

 

まあ、すでに成果を出している人たちがみんなそう言うのなら、こういうことは才能や運じゃなくてぜんぶ努力で解決できるんじゃないっすかね。

つまりまあ、僕は人間以下の存在だということなんでしょうね。べつに否定はしません。人間もどきで結構です。ああ、あほくさ。

 

人間のみなさんは神絵師になれるまでせいぜい努力をしていただければいいんじゃないでしょうか。

努力すれば誰でもいつかは上手い絵が描けるようになるらしいですよ。すごいですね。いやほんとすごいすごい。

 

では、もう怨嗟の言葉は吐き尽くしましたので、ここらで駄文を締めたいと思います。

お疲れさまでした。

 

次回からは、ただひたすらに目的もなく好みの絵を雑にトレースするだけになります。

何のためにそんなことをするのかですって? しらんがな。そんなこと。

 

 

◆ 今回みえた課題

うるせえばか。

 

以上です。おわり。