おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

連想配列について(PHP)

f:id:feci:20210727001932j:plain

PHP7

 

PHP7.4.1における連想配列について。

<?php

//①通常の配列
$aaa = 'あいうえお';  //インデックス0
$aaa 
= 'かきくけこ';  //インデックス1
$aaa[] = 'さしすせそ';  //インデックス2

echo $aaa[1. "\n";    //かきくけこ


//②連想配列
$bbb['a'= 'あいうえお';  //インデックスにキーワードaを指定
$bbb['ka'= 'かきくけこ'//インデックスにキーワードkaを指定
$bbb['sa'= 'さしすせそ'//インデックスにキーワードsaを指定

echo $bbb['a'. "\n";     //キーワードaに紐づいた値(あいうえお)を出力


//③連想配列の作り方の別パターン
$ccc = [
  'a' => 'あいうえお',
  'ka' => 'かきくけこ',
  'sa' => 'さしすせそ'
];

echo $ccc['a'. "\n";  //あいうえお


//④配列のインデックスやキーワードに変数を指定することもできる
$_1 = 1;
$_ka = "ka";

echo $aaa[$_1] . "\n";  //かきくけこ
echo $bbb[$_ka] . "\n"//かきくけこ


//⑤連想配列と配列を多次元配列でまとめて使うこともできる
$ddd['ta'= [
  'た',
  'ち',
  'つ',
  'て',
  'と'
];

echo $ddd['ta'][0. "\n";  //た

連想配列とは配列の一種です。

配列がブラケット内にインデックス(整数)を指定するのに対して、連想配列ではブラケット内にキーワード(文字列)を指定します。

 

①のプログラムが通常の配列です。

ブラケット内が空なので、上から順に0++の値がインデックスとして格納されていきます。

 

②は連想配列です。

ブラケット内にインデックスの代わりにキーワードを指定しているので、これは配列ではなく連想配列になります。

 

③は②とは別パターンの連想配列の作り方です。

記述法は違いますが、結果として変数に代入された値は同じです。

 

④ではechoでの配列の出力時に、ブラケット内に変数を指定しています。

このような配列の指定形式も可能です。

 

⑤は多次元配列を使って連想配列内に配列を作っています。

変数dddには’ta’というキーワードの連想配列内に’た’、’ち’、’つ’、’て’、’と’という5つの値が配列として格納されています。

この配列のインデックスは、上から順に0++の値となっています。

 

 

以上です。