おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

for文(forループ)について(PHP)

f:id:feci:20210727001932j:plain

PHP7

 

PHP7.4.1におけるfor文(forループ)について。

<?php

//①for文を使わない繰り返し
$aaa = [01234];

echo "$aaa[0]\n"//0
echo "$aaa[1]\n"//1
echo "$aaa[2]\n"//2
echo "$aaa[3]\n"//3
echo "$aaa[4]\n"//4


//②①をfor文で作った場合
$aaa = [01234];
$bbb = count($aaa);         //$aaaの値の数を数値化

for ($a=0; $a<$bbb; $a++) { //値0の$aを宣言・$a<$bbbのときに$aに+1しつつ下の行の処理を行う
  echo "$aaa[$a]\n";        //01234
}

for文は繰り返し処理をおこなうための構文です。

 

上記①のようなプログラムは、はっきりいって記述がめんどうくさいですし、プログラムを読むのもたいへんです。

②のようにfor文を使えば、①のような繰り返し処理を簡潔に記述することができます。

 

 

for文の定形は以下のとおりです。

 

for (初期値; 繰り返し条件; 更新処理) {
    繰り返し条件達成時におこなう処理;
}

 

 

初期値には、$〇〇=0; という値が0の変数を宣言します。

繰り返し条件には、$〇〇<=5; のようにfor文のループを終了させるための条件を書きます。

更新処理には、$〇〇+=1 のような「初期値」の値を「繰り返し条件」に合わせて修正するための処理を書きます。

 

そしてブラケット(角括弧)の中には、繰り返し条件を満たした際におこなう処理を記述します。

 

 

以上です。