おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

do-while文について(C言語)

f:id:feci:20210810151051j:plain

C11

 

C11のdo-while文について。

#include <stdio.h>

void main() {
  //①これだとwhile文と同じ結果
  int a = 1;                  //ループのために初期値作り
  do {
    printf("%d回目\n"a);  //1回目~~5回目
    a++;                    //更新処理
  } while (a < 6);            //aが6になるまでループ処理
  printf("おしまい。\n");     //ループ終了後に実行


  //②ループ条件を満たさなくてもdo文の部分は実行される
  int b = 6;                  //すでにwhileの条件値から外れている
  do {
    printf("%d回目\n"b);  //6回目
    b++;                    //更新処理(いらない)
  } while (b < 6);            //もともと6なのでループ終了
  printf("おしまい。\n");     //ループ終了後に実行
}

do-while文は、while文と同じようなルールで動く繰り返し処理の構文です。

 

上記のプログラムのように、do-while文はループ条件を満たさなくてもdo文に記述したプログラムは1度は実行されます。

ループ条件を満たしている場合は、while文とまったく同じ処理をすることになります。

 

 

do-while文の定形は以下のとおりです。

 

do {
     実行したい処理;
     更新処理;
} while (ループの条件式);

 

 

以上です。