おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

数と不等号について(正の数負の数)

f:id:feci:20210827222216p:plain

小~中学校レベルの内容。

 

数と不等号について。

 

〇整数

整数とは、0または、0から+1または-1を繰り返して得られる数のことです。

正数および負数は整数に含まれます。

少数や分数は整数ではありません。

 

〇少数

少数とは、小数点を用いて表す数のことです。

プログラミング言語でいうところのfloat型やdouble型の値のことです。

 

〇分数

分数とは、整数aを0でない整数bで割った形で表した数のことです。

たとえば2/4などがそうです。

 

〇正数

正数とは、+1よりも大きな数のことです。

正数は少数も含みます。

0および負数は整数には含まれません。

 

〇負数

負数とは、-1よりも小さな数のことです。

負数は少数も含みます。

0および正数は負数には含まれません。

 

自然数

自然数とは、正の整数のことです。

 

〇絶対値

絶対値とは、0から数えた数直線上の距離のことです。

なので例えば、3の絶対値は3になりますし、-5の絶対値は5になります。

 

 

〇不等号

不等号とは、右辺の数と左辺の数の大小を表す記号のことです。

 

a < b   aはbよりも小さい。
a > b   aはbよりも大きい。
a ≦ b  aはbと同じ値かbよりも小さい。
a ≧ b  aはbと同じ値かbよりも大きい。

 

ちなみに = は不等号ではありません。

 

 

〇和

和とは、加算の計算結果のことです。

 

〇差

差とは、減算の計算結果のことです。

 

〇積

積とは、乗算の計算結果のことです。

 

〇商

商とは、除算の計算結果のことです。

 

〇指数

指数とは、累乗を表す記号です。

2乗は平方(面積)です。

3乗は立方(体積)です。

 

累乗では指数のついている部分だけを累乗します。

 

例  -5^2 = -5*5 = -25
  (-5)^2 = (-5)*(-5) = 25
  -(-5^2) = -(-5*5) =25

 

 

以上です。