おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

反復処理の無限ループについて(C言語)

f:id:feci:20210810151051j:plain

C11

 

C11での反復処理の無限ループについて。

#include <stdio.h>

void main() {
  int a;
  printf("0でループを終了します。\n");
  while (1) {                             //trueではErrorがでる
    printf("数値を入力してください。:");
    scanf("%d"&a);
    if (a == 0) {                         //aが0のときに実行
      break;                              //処理を終了する
    }
  }
  printf("ループを終了しました。\n");
}

while文やforなどの反復処理の構文では、条件式の部分に1と記述することで無限ループを作ることができます。

 

無限ループを作る場合は、上記のプログラムのようにif文などで特定の終了方法を用意しておく必要があります。

上記のプログラムでは0と入力された時点でbreakが実行されて、そこでwhile文の反復処理は終了します。

 

 

以上です。