おえぷろべい

お絵かきとかプログラミングとか米国株投資についてのなんやかんや

文字式のルールについて

f:id:feci:20210827222216p:plain

文字式のルールについて。

 

文字式のルールについて。

 

 

〇乗算のルールについて

 

文字式では×の記号は省略する。

例:A×B → AB

 

文字式の乗算では原則としてアルファベット順に書く。

例:C×B×A →ABC

 

数と文字が混ざった乗算では数を先に書く。

例:A×3 → 3A

 

同じ文字の乗算は累乗の指数を使って書く。

例:A×A×B×3 → 3A^2B

 

絶対値1の数と文字の乗算では1の表記は省略する。

しかし実数(浮動小数点)の小数点以下の1は省略してはいけない。

例①:-1×A → -A

例②:-0.1×A → -0.1A

 

 

〇除算のルールについて

 

2A÷3 は 2A/3 でも (2/3)A でも、どっちの表記でもいい。

A÷3 は A/3 でも (1/3)A でも、どっちの表記でもいい。

 

-2A÷3 は -(2A/3) でも -(2/3)A でも、どっちの表記でもいい。
しかし -2A/3 は推奨される表記ではない。

 

 

〇単項式

単項式は、文字に数字を掛け合わせてできる式のことです。

例:3x^2y

 

 

多項式

多項式は複数の単項式の和のことです。

例:3x^2y-2x+5 → 3x^2y と -2x と +5 の3つの項で構成。

 

 

〇項

項は、多項式を構成している単項式のひと区分ことです。

 

 

〇整式

整式は、単項式と多項式をまとめたもののことです。

おそらくですがこの単語は単一の式を表す言葉ではなく、単項式と多項式を内包するカテゴリー的な名称なのだと思います。

 

つまり、単項式は整式の一種であり、多項式も整式の一種です。

しかし整式は単項式の一種ではありませんし、多項式の一種でもありません。

たぶんそんな感じなのでしょう。

 

 

〇係数

係数は単項式の先頭の数字のことです。

例:3x^2y → 係数は3

 

 

〇次数

次数は単項式の文字の数のことです。

例:3x^2y → xxyなので次数は3

 

 

〇定数項

定数項は、多項式の項で数字だけのもの(次数が0のもの)のことです。

例:3x^2y-2x+5 → 定数項は5

 

 

〇x次式

x次式は、多項式の中で最も大きな次数にもとづいたその多項式の名称です。

例:3x^2y-2x+5 → 次数は3が最大なのでこの式は3次式となる

 

 

以上です。