おえぷろべい

お絵かきとかプログラミングとか米国株投資についてのなんやかんや

会話の伝達力を磨こう_01

f:id:feci:20211203205802j:plain

会話はこちらの意図が相手に伝わってなんぼ

 

会話や文章などのコミュニケーションツールは、発言者の意図が聞き手に伝わっていることが最低条件です(ですよね?)。

 

そしてこの最低条件を満たすのが意外にもけっこう難しい。

そんな私のための便利ツールがこれです。

ジャン。

 

意図が伝わりやすい会話や文章のテンプレ3選

・テンプレA
 ①前提の確認
   ↓
 ②結論
   ↓
 ③理由または根拠

 

・テンプレB
 ①あらすじ
   ↓
 ②物語
   ↓
 ③教訓
   ↓
 ④まとめ

 

・テンプレC
 ①なぜ〇〇なのか
   ↓
 ②理由や根拠
   ↓
 ③じゃあどうすればいいのか
   ↓
 ④それをどのようにやればいいのか
   ↓
 ⑤それをやったらどうなるのか

 

 

これら3パターンのいずれかの順序で会話や文章を展開すれば、誰が何を話したとしても、発言者の意図が相手に伝わりやすくなるらしいです(これよりいいテンプレがあったらぜひ教えてください)。

 

ではさっそく、これらのテンプレを使って文章を作っていきましょう。

 

 

〇コンセプト(伝えたいこと)

株式会社フードリエさんの「パリッと朝食ウインナー」がパキッとした触感でおいしい。

 

f:id:feci:20211203223442p:plain

これはまじで安くておいしい

 

・テンプレA

①前提の確認

ウィンナーをボイルして食べると、パキッとした触感がおいしいですよね。

 

②結論
株式会社フードリエさんの「パリッと朝食ウインナー」は、同価格帯のウィンナーの中でもボイルしたときのパキッと感が頭ひとつ抜けておいしいんですよ。

 

③理由または根拠

このウィンナー、他の低価格帯のウィンナーと違って、ちゃんと「動物の腸」を使ってるんですよ。

だからボイルしたときに「フニャ…」っとしないで、ちゃんと齧ったときに「パキッ」という小気味よい音がするんですよ。

そして我々がウィンナーに求めていた触感が味わえるんですよ。

それから溢れ出る肉汁。

塩辛すぎず、かといって薄くもないちょうどいいあんばいの味付けもグーです。

シャウエッセンアルトバイエルンは美味しいけどちょっとお高いんだよなあ…」と思っている人には、ぜひ「パリッと朝食ウインナー」を一度食べてみてもらいたいですね。

 

 

・テンプレB

①あらすじ

この前食べたウィンナーがね、おいしかったんですよ。

 

②物語

先日、「今日はごはん何食べようかな~」って思いながらスーパーをぶらぶらしてたんですよ。

それで「やっぱりお肉系がいいよな~」って思いながら精肉コーナーのほうを見てたんですよ。

ウィンナーのブランドで「シャウエッセン」とか「アルトバイエルン」とかあるじゃないですか。

あれ僕めっちゃ好きなんですよ。

ボイルして食べると「パキッ」と割れて肉の旨みと絶妙な塩味でお米がすごい進むんですよね~。

でも「シャウエッセン」とか「アルトバイエルン」って結構いい値段するじゃないですか。

でも100gで100円くらいのあんまり安いウィンナーを買っちゃうと、ボイルしてもぜんぜん「パキッ」っていう触感がないし、そもそも味も美味しくないわけですよ。

それで「どうしようかな~」と思ってたんですけど、見つけたんですよ、シャウエッセンよりも安くてぱきっとした触感のおいしいウィンナーを。

フードリエさんっていう会社が出してる「パリッと朝食ウインナー」なんですけどね、これめっちゃおいしいかったんですよ。

ちゃんと動物の腸を使って作ってるんで、ボイルしたら「パキッ」って言いますしね。

肉汁もしっかり溢れてきて、ちょうどお米が進むようないいあんばいの塩味なんですよ。

価格も230g入りで300円しないですからね。

これは僕は本当に「すごいウィンナー見つけちゃったな~」って思いましたよね。

 

③教訓

やっぱりね、ウィンナーはちゃんと動物の腸を使わないとダメですよ。

デンプンかなんかで作った袋の中にお肉を詰めてもねえ…。

技術的にはすごいことをしてるんでしょうけど、はっきり言ってぜんぜんおいしくはないですよね。

おいしいウィンナーはやっぱり腸詰め!

これはほんといい教訓でしたね。

 

④まとめ

というわけで、フードリエさんの「パリッと朝食ウインナー」がお手ごろ価格でおいしかった、というお話でした。

 

 

・テンプレC

①なぜ〇〇なのか

なぜ私は株式会社フードリエの「パリッと朝食ウインナー」を選んだのでしょうか。

 

②理由や根拠

その理由は、ボイルしたときの触感が「パキッ」としていておいしいからです。

ちゃんと動物の腸の中にお肉を詰めて作っているので、本物のウィンナー特有のボイル時のあの独特な音や触感が堪能できるわけです。

あと、肉汁もしっかり溢れてきて、肉の旨みを堪能できます。

そして絶妙な量の塩味が、肉の旨みをよく引き立てています。

白飯との相性が良く、食がどんどん進みます。

そして「シャウエッセン」や「アルトバイエルン」といった最上級ブランドよりもお値段がお安いです。

最上級ブランドの味や触感よりは一歩二歩劣りますが、同価格帯のウィンナーの中では頭ひとつ抜けた触感とおいしさを味わうことができます。

 

③じゃあどうすればいいのか

近所のスーパーに行って「パリッと朝食ウインナー」を買いましょう。

そしてお米を炊いて、ウィンナーをボイルして温かいうちに頬張りましょう。

 

④それをどのようにやればいいのか

徒歩でも車でもなんでもいいからお財布を持ってスーパーに行ってください。

そして精肉コーナーに行って「パリッと朝食ウインナー」を探してください。

見つけたらかごの中にそれを入れてレジに行って清算してください。

それで家に帰ってきてお米を研いで炊飯器かお鍋で炊いてください。

お米が炊けたらそれを蒸らしているあいだに小さいお鍋に水を入れてお湯を沸かしてください。

湧いたらその中に袋の中から取り出したウィンナーを入れて蓋をして弱火で5分くらい茹でてください。

火が通ったらお湯を捨てておはしかフォークを使ってお米と交互に口の中に入れて咀嚼して味わってから飲み込んでください。

 

⑤それをやったらどうなるのか

そうすれば幸せな気分になれます。

空腹も満たされます。

白飯と最高に合う「パキッ」っとした触感のおいしいウィンナーをご堪能ください。

 

 

〇考察

読み直してみましたが、テンプレCの④はいらないような気がしますね。

むりやり書いてみましたが、今回のコンセプトであれば、テンプレCのパターンでは④は省いたほうがよりいい感じなように思います。

個人的にはテンプレBのような話の展開が好きです。

テンプレBのパターンで②の物語を語りすぎてコンセプトを失念するまでが、私のいつもの話し方のテンプレです。

 

 

以上です。

 

今回使用したテンプレの出典は以下のとおりです。

中村一太さんが書いた2021年12月2日のメルマガ。
・北岡秀紀さんの「インターネットマーケティングコンサルタント養成講座