おえぷろべい

お絵かきとかプログラミングとか米国株投資についてのなんやかんや

会話の伝達力を磨こう_02

f:id:feci:20211203205802j:plain

会話や文章はこちらの意図が相手に伝わってなんぼ

 

会話や文章などのコミュニケーションツールは、発言者の意図が聞き手に伝わっていることが最低条件です(ですよね?)。

 

そしてこの最低条件を満たすのが意外にもけっこう難しい。

そんな私のための便利ツールがこれです。

ジャン。

 

〇意図が伝わりやすい会話や文章のテンプレ3選

・テンプレA
 ①前提の確認
   ↓
 ②結論
   ↓
 ③理由または根拠

 

・テンプレB
 ①あらすじ
   ↓
 ②物語
   ↓
 ③教訓
   ↓
 ④まとめ

 

・テンプレC
 ①なぜ〇〇なのか
   ↓
 ②理由や根拠
   ↓
 ③じゃあどうすればいいのか
   ↓
 ④それをどのようにやればいいのか
   ↓
 ⑤それをやったらどうなるのか

 

 

これら3パターンのいずれかの順序で会話や文章を展開すれば、誰が何を話したとしても、発言者の意図が相手に伝わりやすくなるらしいです(これよりいいテンプレがあったらぜひ教えてください)。

 

ではさっそく、これらのテンプレを使って文章を作っていきましょう。

 

 

〇コンセプト(伝えたいこと)

鼻の穴の中にニキビができて痛い。

 

f:id:feci:20211204132358j:plain

鼻の中にニキビがあるフリー画像がない

 

・テンプレA

①前提の確認

ニキビって痛いですよね。

 

②結論

じつは私、いま右の鼻の中にニキビができてるんですよ。

そして、それがけっこう痛いんですよ。

 

③理由または根拠

ニキビっていわゆる「毛嚢炎」じゃないですか。

毛穴の中に雑菌が入ったり皮脂が詰まったりして炎症が起きてるわけですよ。

炎症が起きて組織が腫れてるわけですから、そりゃあ痛いですよねえ。

 

 

・テンプレB

①あらすじ

いま鼻の中にニキビができてましてね、これがけっこう痛いんですよ。

 

②物語

3日くらい前から、べつに何をしているわけでもないのになんか右の鼻の中のほうに違和感があったんですよ。

それで「なんだろうな~」と思いながら放置してたんですよ。

そしたらだんだん腫れてきて、鼻で息吸って吐くだけでも痛くなってきたんですよ。

それでちょっと鼻の中に指を突っ込んで触ってみたら、1ヵ所だけパンパンに腫れてるんですよ。

そこを触ったらすごく痛いんですよ。

 

③教訓

なんでか分からないんですけど、月に1回くらい鼻の中にニキビができるんですよね~。

そして、なぜか必ず右の鼻の中にニキビができるんですよ。

ちゃんと人参や玉葱も食べてるし、ヨーグルトも飲んでるし、睡眠も6時間半以上は毎日とってるんですけどねえ。

なにが良くないんでしょうかねえ。

 

④まとめ

まあ、なぜかよく分からないですけど、鼻の穴の中にニキビができるんですよ。

それでそのニキビが「けっこう痛いんですよ」っていうお話でした。

 

 

・テンプレC

①なぜ〇〇なのか

なぜ鼻の穴の中にニキビができると痛いのでしょうか。

 

②理由や根拠

その理由は大きく2つあります。

1つは「ニキビは毛嚢炎であり組織の炎症なんだからそりゃあ痛いでしょ」ということ。

もう1つは「鼻の中というデリケートな粘膜部分だからほかの粘膜でない場所よりもより痛く感じてしまう」ということです。

この2つの要素が複合で起こることにより、通常のほっぺたのニキビとかよりも鼻の中のニキビのほうがより強く痛みを感じてしまうわけです。

 

③じゃあどうすればいいのか

「じゃあどうすればいいのか?」というお話なんですけれど、これはもう「自然治癒するまで待つしかない」です。

すでにニキビができてしまってるわけですから、抗炎症剤や痛み止めの薬剤を患部に塗布するという方法もあるでしょうが、治癒速度を速めるという観点から見ると、それらの方法はあまりお勧めできるものではないですね。

勝手に治るまで何もせずに放置しておくのが一番です。

 

④それをどのようにやればいいのか

なし。

 

⑤それをやったらどうなるのか

余計なことをせずに放置していれば、過労や徹夜や偏食などの大きな悪要因がなければ、1週間もすればニキビは勝手に治ります。

「どうしても痛くて我慢できない!」とかいうのであればステロイドの塗布剤を使うという選択肢もありなのかもしれません。

しかしそうでもない場合は、余計なことは何もせずに放置しておくのが、治癒への一番の近道であると言えるでしょう。

 

 

〇考察

読み返してみて、どのパターンも悪くはないように思います。

テンプレCはプレゼンテーション用っぽい感じですかね。

テンプレCはあんまり日常会話で使うような構成ではないような気がします。

 

 

以上です。

 

今回使用したテンプレの出典は以下のとおりです。

中村一太さんが書いた2021年12月2日のメルマガ。
・北岡秀紀さんの「インターネットマーケティングコンサルタント養成講座