おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

神経言語プログラミングのVAKモデルについて

神経言語プログラミングのVAKモデルについて。

 

 

〇VAKのV(視覚タイプ)について。


 ・Vタイプは結果思考である。
 ・結果思考の人はとにかく結果を重要視する。
 ・なのでこのタイプの人との会話はまず結論から入る必要がある。
 ・結果思考の人はイメージやビジョンを最重要視する傾向がある。
 ・結果思考の人は商品を選ぶ際には視覚情報であるデザインを重視する傾向がある。
 ・結果思考の人には目を使った学習方法がおすすめ。
 ・結果思考の人との意思疎通ではイメージや実物を見せながらのほうがスムーズに進む。
 ・結果思考の人は視覚に関係する単語をよく使う傾向にある。
 ・また結果思考の人は早口でしゃべる傾向がある。
 ・結果思考の人はぴちっとしたタイトな服を好む傾向がある。
 ・VAタイプの人は他人の気持ちが分からない傾向がある。
 ・VKタイプの人はロジックが組み立てられず説明が下手くそな傾向がある。

 

 

〇VAKのA(聴覚タイプ)について。


 ・聴覚タイプの人はプロセス思考である。
 ・プロセス思考の人は結果への過程を重要視する。
 ・なのでこのタイプの人との会話は結果だけを伝えるのではなくイチから順番に説明したほうが意思疎通がしやすい。
 ・プロセス思考の人はロジックや数字を最重要視する傾向がある。
 ・プロセス思考の人は商品を選ぶ際にはスペックやコストパフォーマンスを重視する傾向がある。
 ・プロセス思考の人には耳を使った学習方法がおすすめ。
 ・プロセス思考の人との意思疎通では論理構成がしっかりとした会話をするとスムーズに進む。
 ・プロセス思考の人はロジカルで説明書みたいな話し方をする傾向がある。
 ・またプロセス思考の人は数字に強い傾向がある。
 ・プロセス思考の人は地味な色を好む傾向がある。
 ・AVタイプの人は他人の気持ちがわからない傾向がある。
 ・またAVタイプの人は他人に冷徹な印象を与えてしまう傾向にもある。
 ・AKタイプの人は他人の気持ちを察することはできるが、会話からイメージやビジョンが見えにくい傾向がある。

 

 

〇VAKのK(体感覚タイプ)について。


 ・体感覚タイプの人は感覚思考である。
 ・感覚思考の人は、理屈やイメージではなく得られる感覚を重要視する。
 ・なのでこのタイプの人との会話は気持ちよさや楽しさなどの感覚的な説明をしたほうが意思疎通がしやすい。
 ・感覚思考の人は自分や相手のお気持ちを最重要視する傾向がある。
 ・感覚思考の人は商品を選ぶ際にはお気持ちや店員さんの態度などを重視する傾向がある。
 ・感覚思考の人には運動器を使った学習方法がおすすめ。
 ・感覚思考の人との意思疎通には実物を触ったり実際に体験してもらいながらのほうがスムーズに進む。
 ・感覚思考の人は感覚的な単語をよく使う。
 ・また感覚思考の人は話が遅くてとぎれとぎれにしゃべる傾向がある。
 ・感覚思考の人はゆったりとした服を好む傾向がある。
 ・KVタイプの人は説明が下手くそで意思疎通が難しい傾向がある。
 ・KAタイプの人は他人の気持ちを察することはできるが、会話からイメージやビジョンが見えにくい傾向がある。

 

 

〇雑感

心理学や脳科学系のコミュニケーションスキルは覚えゲー