おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

絶縁抵抗計の使い方

絶縁抵抗計(メガー)とクランプ形電流計の使い方について。

 

〇前提
  • E端子(黒):アース端子・ブレーカ二次側の接地端子に接続
  • L端子(赤):ライン端子・ブレーカ二次側の充電部に接続
  • レンジ:測定する回路の電圧に合わせる

 

  • 漏れ電流があればメガーの針が振れる
  • 漏れ電流がなければメガーの針は動かない

 

  • 使用電圧300V以下 → 対地電圧150V以下 → 0.1MΩ以上で正常
              → その他の場合    → 0.2MΩ以上で正常
  • 使用電圧300V超  →             0.4MΩ以上で正常

 

  • メガーを使って絶縁抵抗を計測することをメガリングと言う
  • 測定時は手が痺れて痛いので絶縁手袋の装着は必須

 


〇絶縁抵抗計の使い方
  • ゼロ調整
    ・計器のスイッチOFFの状態で針がACDCの0の位置にくるように調整する。
  • バッテリーチェック
    ・スイッチを押してバッテリーの残量の有無をチェック。
  • リード線のチェック
    ①250Vレンジに設定してE端子とL端子を短絡する。
    ②スイッチを押して針が振れれば(0Ωであれば)OK。振れなければ断線。
  • アースチェック
    ①E端子を接地線(接地極または端子)に当てる。
    ②その同じ接地の金属部分のどこかにL端子を当てて短絡する。
    ③スイッチを押して針が振れなければ(∞Ωであれば)OK。
    ④もし③で∞Ωが出なければE端子の当てている位置を∞Ωが出る位置に替える。

 

  • 125Vレンジ
    ・一般的な100V回路で使用するレンジ
  • 250Vレンジ
    ・動力などの200V回路で使用するレンジ
    ・100V回路では負荷の損傷を招く可能性があるのでおそらく非推奨
  • 500Vレンジ
    ・大型動力などの400V回路で使用するレンジ(二種では無理)
    ・100Vや200V回路で使うと負荷がぶっ壊れる可能性があるので非推奨

 


〇線間電圧の絶縁抵抗測定
  • 短絡の危険度チェックのために行なう測定
  • 実際の手順:①分岐→主幹の順にブレーカをOFF
          ②電灯はすべて外すかスイッチOFF
          ③負荷のプラグはコンセントからぜんぶ抜く
          ④ブレーカ二次側にEL端子を接続(方向指定なし)
          ⑤メガーのスイッチを入れて測定
          ⑥ディスチャージして終了。

 

 

〇大地間電圧の絶縁抵抗測定
  • 漏電や感電の危険度をチェックするために行なう測定
  • 実際の手順:①分岐→主幹の順にブレーカをOFF
          ②電灯をすべて取付けておいてスイッチもON
          ③負荷のプラグもぜんぶ差しておいてスイッチON
          ④E端子を分電盤の接地極に接続
          ⑤L端子をブレーカ二次側のどちらかに接続
          ⑥メガーのスイッチを入れて測定
          ⑦ディスチャージして終了。

 

 

〇ディスチャージ(残留電荷の放電)について

目的:感電を防ぐため。

  • ディスチャージの方法
    ①絶縁抵抗計で絶縁抵抗を測ったあとで、E端子とL端子をそのまま当て続けたままメガーのスイッチを切る。
    ②その状態でメガーの針が0Ωを指していればディスチャージ完了。

 

 

〇補足

・スイッチがONかOFFか判別しづらい場合

大地間電圧の絶縁抵抗測定時に負荷(電灯)のスイッチがOFFかONか分からない場合は、L端子を両方それぞれにあてて計測してチェックすればOK

 

・最初だけメガーの針が振れてそのあとゆっくりと針が元の位置に戻っていく場合

漏電で漏電遮断器が飛んだ回路などで大地間の絶縁抵抗を測定する場合、最初はメガーの針が振れるが、数秒と経つと針が元の位置に戻っていくというパターンがある。

これはその回路の負荷のコンデンサ等が蓄電をしてるから起こる現象である可能性が高い。

このような場合は、その回路では大地間の絶縁抵抗に問題があるとみたほうがいい。

 

・漏電時にどの電線に問題があるのかを判別する方法

コンセントの非接地側電線側に電線等をぶっ刺して漏電させた場合、その回路の漏電遮断器の二次側端子にリード線を当てると、黒線でも白線でもメガーの針が振れる現象が起こる。

これは漏電遮断器内のZCTのせいで起こる現象らしい。

このような場合はその漏電遮断器から二次側の電線を引っこ抜いて黒線白線それぞれにL端子を当てて計測すると、問題のある側の電線のみでメガーの針が振れるので、どの電線に問題があるのかを特定することができる。

 

・ブレーカを落とせない環境で絶縁抵抗を測りたい場合

ブレーカを落とせない環境で絶縁抵抗を測りたい場合はクランプ形電流計を使って漏れ電流を計測する(1mA以下で正常)。

その際、漏れ電流を測定ではその回路の過電流遮断装置の二次側のケーブルを挟めばOK。

負荷電流を測定したい場合は、その回路の二次側の電線1本ずつを挟めばOK。

なお当たり前だが、ブレーカを落としている状態では電流は流れないので電流計を使うことはできない。

 

 

 

〇知識のパクリ元 ↓

https://www.youtube.com/watch?v=vgAevImrvx0