おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

自分への返信用封筒の宛名をどうするか

自分への返信用封筒を要求された際に、その封筒の自分への宛名の「敬称」をどうするかについて。

 

〇自分用へは「宛」や「行」を使う

自分個人への返信の場合は「宛」を使う。

つまり「山田太郎 宛」などと書く。

 

係や部署などの組織への返信の場合は「行」を使う。

つまり「山田商事 第二営業課 〇〇係 行」などと書く。