おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

クランプ形電流計の使い方

クランプ形電流計の使い方について。

 

 

〇前提

クランプ形電流計は絶縁抵抗が測定できない場合に使う計測器。

  • 1本はさむ     → 負荷電流の計測
  • 全本はさむ   → 漏れ電流(零相電流)の計測
  • 接地線をはさむ → 漏れ電流の計測


漏れ電流は1mA以下が正常値。

漏れ電流 ≒「行きの電流」と「戻りの電流」の電流差 ≒ 地絡電流

 


〇負荷電流の測り方

 ①ブレーカONで負荷のスイッチONの状態を作る。
   ↓
 ②計測したい回路のうちの電線の1本をはさむ。
   ↓
 ③計測する。

 

 

〇漏れ電流(零相電流)の測り方

 ①ブレーカONで負荷のスイッチOFFの状態を作る。
   ↓
 ②電流計のレンジを20mAに合わせる。
   ↓
 ③計測したい回路の電線をぜんぶはさむ。
   ↓
 ④計測する。
   ↓
 ⑤負荷のスイッチをONにする。
   ↓
 ⑥②と同じ電線をはさむ。
   ↓
 ⑦計測する。
   ↓
 ⑧③の値と⑦の値が共に1mAを超えていなければ正常。

 

 

〇漏れ電流(接地線)の測り方

 ①ブレーカONで負荷のスイッチOFFの状態を作る。
   ↓
 ②電流計のレンジを20mAに合わせる。
   ↓
 ③接地線をはさむ。
   ↓
 ④計測する。
   ↓
 ⑤負荷のスイッチをONにする。
   ↓
 ⑥接地線をはさむ。
   ↓
 ⑦計測する。
   ↓
 ⑧③の値と⑦の値が共に1mAを超えていなければ正常。

 

 

※漏れ電流の計測は負荷のスイッチ状況がONでもOFFでもどっちでも1回だけの計測でいい?