おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

圧着端子の種類

圧着端子の種類について。

 

〇圧着スリーブ

〇Eスリーブ

  • 銅線用裸圧着スリーブE形(リングスリーブ)
  • 屋内配線工事全般に使用
  • 電気工事で最も使用頻度が高い圧着端子
  • Eスリーブの最大使用電流は以下のとおり
    ・小:20A
    ・中:30A
    ・大:30A
  • 大スリーブはほとんど出番なし
  •  

 

〇Pスリーブ

  • 銅線用裸圧着スリーブP形
  • ケーブル同士の接続に使用
  • 重ね合わせ接続のみ可能
  • より線用のリングスリーブ的な立ち位置?
  • Pスリーブの最小使用電流は31A
  • 合計値が合えば別サイズの電線同士でも接続可能
    ・例:P38 → 14sq+22sq=36sq(38sq以下なのでセーフ)
  •  

 

〇Bスリーブ

  • 銅線用裸圧着スリーブB形
  • ケーブル同士の接続に使用
  • 突き合わせの接続のみ可能
  • 同サイズの電線同士しか接続できない
    ・例:B14 → 14sq*2
  • 圧着回数は右中央と左中央で計2回
  •  

 

 

〇圧着端子

〇R端子

  • 銅線用裸圧着端子丸形(R形)
  • 0.3~325sqまで
  • ブレーカ・端子台・機器配線接続などに使用
  • 絶縁被覆付きあり
  •  

 

〇Y端子

  • 銅線用裸圧着端子先開形(Y形)
  • 0.3~14sqまで
  • リレー・端子台・弱電・計装などに使用
  • 絶縁被覆付きあり
  •  

 

〇棒端子

  • 銅線用裸圧着端子棒形(TC形)
  • より線を単線にして器具に接続するときに使用
  • 絶縁被覆付きあり
  •  

 

 

〇その他

〇閉端端子

  • 絶縁被覆付閉端接続子(CE形)
  • 弱電工事では必須の圧着端子
  • スピーカー・電話・信号線・感知器などに使用
  • 電線ではなくコード専用?
  • 端子自体に定格電流あり
    ・CE1: 7A以下(電線抱合範囲:0.5~1.75㎟)
    ・CE2:12A以下(電線抱合範囲:1.0~3.0㎟)
    ・CE5:17A以下(電線抱合範囲:2.5~6.0㎟)
    ・CE8:23A以下(電線抱合範囲:4.0~9.0㎟)
    ※接続コードの合計値が電線抱合範囲に収まるように端子を選ぶ
  •  

 

〇差込型ピン端子(PC形・PCE形)

  • 2つの形がある
    ・M形:オス
    ・F形:メス
  • 家具工事・いったんケーブルを離線して繋ぎたいときに使用
  •  

 

〇Tコネクタ

  • 分岐接続用の端子
  • 幹線工事・接地工事・分岐接続などに使用
  • 形がCっぽいので「C形」と呼んでいる人もいる
    ・Cコネクタは別に存在するので「C形」と言われた際には注意
  •  

 

 

〇補足
  • ブレーカなどでR端子が引っかかって使えない場合は裸圧着端子CB形を使う。
  •  

 

 

 

〇知識のパクリ元 ↓

https://www.youtube.com/watch?v=VhIOww-Rgac