おぼえがき

過ちては則ち改むるにうんぬんかんぬん

電工の現場用語

電気工事の現場で覚えた「現場用語」のメモ。

 

 

・じょうこん

情報コンセントのこと。

部屋の壁面などに取り付ける通信ケーブル用の接続口。

 

・あーるじぇい

情コンに使われるモジュラジャックのこと。

LANケーブルのモジュラジャックにはRJ45ソケットが使われることが多いらしいので、「アールジェイ取って」みたいな感じで先輩から言われることがある。

ちなみに、コネクタの凸はプラグと言い、コネクタの凹をジャックと言い、アダプタはコネクタ同士をつなぎ合わせる部品のことを言う。

 

・たま

LANケーブルや同軸ケーブルなどの頭の部分のこと。プラグのこと。

たぶん「あたま」の略語だと思われる。

先輩や元受け先からは「たま作って」とか「たま出来た?」みたいな感じで聞かれたりする。

 

・たまあげ

「たま」を作る作業のこと。

先輩からは「たまあげして」とか「たまあげた?」みたいな感じで聞かれたような気がする。

 

・にぎる

「たまあげ」のこと。

LANの頭を作る際に圧着工具を握るので「にぎる」らしい。

先輩からは「にぎって」とか「もうにぎった?」みたいな感じで言われる。

 

・〇尺(4尺とか7尺とか9尺とか)

脚立のこと。

1尺が30cmらしいので、4尺だと120cmの脚立のことになる。

どうやって尺を判断するのかというと、脚立のラダーの数を見ればすぐに分かる。

ラダーが4本あれば4尺、7本あれば7尺の脚立ということになる。

先輩からは「4尺持ってきて」みたいな感じで言われる。

倒れないように横方向から押さえてあげるとより安全に使える。

可動部分に触ると危ないのでだめ。

一番上とその下のラダーに足をかけるのは基本的にはNGらしい(でも実際にはばんばん最上部に足をかけているのをよく見る)。

 

・スライダー

2連梯子のこと。

脚立と違って自立して立てることができない。

しゅらしゅらと滑らせて伸ばしたり縮めたりするので「スライダー」という呼ばれているのだと思われる。

スライダーを抑える人は体重を地面にかけるようにしてしっかりと引っ張る必要あり(これがけっこうしんどい)。

 

・カテ5とカテ6

LAN配線に使うUTPケーブルの種類のこと。

「カテゴリー5 or 6」のことを略してカテ5とかカテ6とか言っているのだと思われる。

5 → 5e → 6の順に高価になり、通信速度も上がる(対応していない機種に上位のUTPケーブルを使うと逆に遅くなる事例もあるらしい)。

箱から出ている先端付近部分に記載されている3桁の数字が残りのメートル数を表している(たとえば<<<072>>>と書いてあれば残72m)。

LAN細(ほそ)に対してLAN太(ふと)と呼ばれることもあるっぽい。

カテ5とカテ6では「たま」の作り方がまったく異なる。

 

・らん(らんばこ)

LANの配線に使うUTPケーブルのこと。

先輩から「LAN取って」とか「LAN箱取って」みたいな感じで言われたときは、このUTPケーブルが収まっている段ボールを持って来いという意味のことが多い。

 

・つりめ

釣り名人のこと。

先輩からは「つりめ取って」とか「つりめ3本ちょうだい」みたいな感じで言われる。

「つりめ3本」の意味は「釣り名人を3本継いでそれをよこせ」という意味。

 

・じぇいじぇい

ケーブルのプラグ同士を接続するジャックのこと。

両端ともジャックになっているので、ジャックジャックの頭文字をとって略して「JJ」と呼んでいるのだと思われる。

LANケーブルだろうが同軸ケーブルだろうが、ジャックジャックであればすべて「JJ」と呼称されるっぽい。

先輩からは「JJ取って」みたいな感じで言われる。

 

・いんしゅ

インシュロックのこと。

先輩からは「インシュ取って」とか「インシュ200ちょうだい」みたいな感じで言われる。

ちなみに「インシュの200」の意味は「200mmの長さのインシュロックちょうだい」である。

 

・ばっかん

工具や道具などを入れている円筒形や四角形のバッグのこと。

蓋は付いているやつもあれば付いてないやつもある。

複数の先輩が似たような色のバッカンを使っていると、「バッカンからインシュ取ってきて」とか言われたときにどのバッカンか分からなくてとっても困る。

 

・ぺったん

マウントベースのこと。

背部が接着テープになっている。

先輩からは「ぺったん取って」みたいな感じで言われる。

わかるかこんなもん。

 

・メディアコンバータ

異なる媒体(メディア)の信号を変換して接続する装置のこと。

自分が見たことがあるのは屋外でメディアコンバータを使ってLANの信号を光に変換して、出力機器がある場所の近くでもう一度メディアコンバータを使って光の信号をLANに変換してモニターに出力するパターン。

LANケーブルは連続で100mまでしか引けないから、一度こうやって光ファイバーケーブルに変換することで距離をかせぐんだって(光は500mいける)。へえ~。

 

・はぶ

LANケーブルの電源タップみたいなやつのこと(HUB)。

先輩からは「ハブ持っといて」とか「スイッチがね」とか「馬鹿ハブでカスケードは無理」みたいな感じで言われる。

 

・すいっち

スイッチングHUBのこと。

スター型ネットワークの元締め用に使われるような高機能なHUB。

複数接続した別のHUBからの信号に合わせて、ネットワーク上にある特定の端末にだけ情報を伝えることができる。

もうちょっと複雑に言うと、ネットワーク上のデータからMACアドレスを見ることで任意の端末を特定して情報を送っているらしい。

もちろん、カスケード接続をしている場合は下位ディレクトリのHUBにアクセスすることもできる(たぶんこの認識で合っているはず…)。

ちなみに、スイッチングHUBと似たようなHUBにリピーターHUBというものもある。

 

・かすけーど(カスケード接続)

HUBのたこ足配線のこと。

よく分からないけれど、基本的には4階層までをカスケード接続のMAXとする場合が多いらしい。

 

・るーぷ

HUBの配線でLANケーブルを同一のHUBに接続したり、カスケード接続での配線を上位のHUBにつなぎ直してしまうと起こる破壊的現象のこと。

これやると端末がぶっ壊れるらしいのでご注意をば。

 

・しん

スイッチボックスのけがきを既設のコンセント(スイッチ)の中心で合わせてとれ、という意味。

起点となる床や棚の上などから既設コンセントの中心までの距離をスケールで測って、新規にスイッチボックスを取り付けたい位置でその距離と同じ地点にけがきをする。

このとき、石膏ボード内部の下地(鉄製の支柱など)の位置には注意が必要となる(露出型の新設の場合は下地の位置はどうでもいい?)。

垂直方向の下地の間隔はだいたい300mm毎らしいので、既設コンセントをはさみ金具が落ちないように外して、スマホを突っ込んでフラッシュをたいて写真をとったりスケールを突っ込んで下地があるかどうかおよび下地までの距離を把握する。

絶対ではないが支柱の幅は約38mm程度らしいのでそれを考慮しつつ水平面でのコンセントの新設位置を決める。

あとは水平器で水平をとってそのまま枠をけがいて、枠の内側をペンドライバ―などで穴あけして、枠の内側を引き廻し鋸で切って、最後に枠に合わせて鋸できれいに穴を調整して、ケーブルのプラグとコンセントのジャックを接続して、水平器で水平を見つつ取付枠をはさみ金具で固定してプレートを付けたらOK。

先輩からは「芯でとって」とか言われる。

 

・したば

スイッチボックスのけがきを既設のスイッチの下縁で合わせてとれ、という意味。

先輩からは「下場で」とか言われる。

 

・〇〇C(3Cとか5Cとか)

同軸ケーブルの太さのこと。

数字が大きくなるごとにケーブルも太くなっていく。

先輩が「5C入るかなあ~」とか言ってたら5Cの太さの同軸ケーブルを増設で引けるかどうかを悩んでいるのだと思っていい。

 

・ぼーどあんかー

 

 

・おーが

オーガビスのこと。石膏ボード用アンカーとも言う。

 

・もーる

配線のカバーに使うABSモールのこと。

モールの切断にはモールカッタを使うが、どうせ買うのならモールカッタはある程度の大きさのものを買ったほうがいい。

自分は2号を切るのに20mmまで切れる小さいモールカッタを買ったが、どうやっても切り口が潰れて汚くなってしまうので買ってとても後悔した。

ちなみにモールを切断する際はカバー側からではなく後ろから切ったほうが潰れにくくきれいに切れやすい。

あとは切るときは手で片方を押さえて、反対側にバッカンかなんかを適当に置いておかないと切ったモールがすごい勢いで飛んでいってけっこうびびる。

 

・らっぱ

 

 

・L字

 

 

・じゃばら

 

 

・ふるーく

 

 

・すいっちんぐれぎゅれーたー

 

 

・いーぴーえす

 

 

・かげき

 

 

・とんぼ

 

 

・もーるかったー

 

 

・ぱっちけーぶる

 

 

・らんぱっち

 

 

・ぱっちぱねる

 

 

・がいせん

 

 

・ないせん

 

 

・はいかんをわる

 

 

・すちーる

 

 

・きゃっちゃー

 

 

・えふせっせん

 

 

・はさみかなぐ

 

 

・ぶらんくちっぷ

 

 

 

 

 

 

気力と体力があるときにたまに更新します。